空き店舗バナー

賑わいある商店街づくり事業(出店促進事業)補助金

賑わいのある商店街づくり事業(店舗改装事業)補助金

joseikai_logo.jpg

市街地協議会バナー.jpg

200x120-thumb-300x180-2362-thumb-300x180-2363.png

positive_actionバナー.jpg

倉吉商工会議所 各種ご相談

助成金情報

鳥取県版経営革新計画〈スタート型・生産性向上型〉のご案内

 新たな事業展開や販路開拓、経営改善などに積極的に取り組む県内中小企業の皆様を、企業の成長段階に応じて応援します。

●鳥取県版経営革新計画とは

「新たな取組み」による経営計画を立てて、会社の成長・発展を目指すものです。

●対象要件:所管の商工団体の継続的な支援を受けている中小企業者が策定する新たな取組みで、売上高、付加価値額、経常利益額のいずれかが増加する計画を有する者

(旧制度の県版経営革新計画の認定を受けた中小企業者は、計画を終了し、かつ、新たなテーマでの取組みを有する企業者が対象)

※審査会を経ての採択となりますので、不採択になる場合もあります。

●募集(公募)期間については年4回を予定

※詳細についてはお問い合わせください。

<鳥取県版経営革新計画総合支援補助金〈スタート型〉>

 補助額:最大300万円 (※メニューを自由に組合せ活用可能)

メニュー

補助率

補助対象経費

商品開発・

販路開拓等

1/2

マーケティング戦略費、新商品開発費、販路開拓費

設備投資

2/3

計画実施に必要な設備(建物、機械装置、工具器具、備品、システム)の県内事業所への導入費(購入、新増設、改修、リース費用など)

※事業規模下限50万円 補助限度額100万円

正規雇用

10/10

計画実施に伴う新正規雇用者(県内在住)の給与(総支給額)

※新規雇用者一人当たり補助上限額50万円(かつ月5万円)以内

 高度な人材育成を行う場合は上限70万円

※補助事業実施前後で雇用保険被保険者数(県内在住)が増加すること

(増加数が上限)

○認定基準(抜粋)

・自社にとって新たな取組みであり、実現可能性のある計画となっているか

・自社が過去に実施した取組み、既存商品・サービスとの違いは明確か

・既存事業との相乗効果はあるか、会社の強みを生かすものとなっているか

・想定する市場およびターゲットが的確か

・競合他社との関係性および対応が的確か

・想定する競合との違い・優れた点は何か

・取組みの内容は経営課題の解決のために妥当なものか

・【加点項目】事業者の稼ぐ力が強い取り組みか(新規性、収益性、成長性など)

・【加点項目】地域経済の活性化に繋がる取組みか(地域の需要拡大促進、地域の雇用環境改善など)

<鳥取県版経営革新計画総合支援補助金〈生産性向上型〉>

 補助額:(一般枠)上限500万円、(高度枠)上限1,000万円

※生産性向上型に申請する場合、事前に国の経営力向上計画の認定を受ける必要があります。

メニュー

補助率

補助対象経費

経営力強化

支援事業

1/2

経営基盤整備費、商品開発費、人材育成費、販路開拓費

設備投資

支援事業

2/3

計画実施に必要な設備(機械装置、工具器具、備品、システム)の導入費(購入費用、リース費用等)
※中古品及び貸付の用に資する設備は対象外
※事業規模下限500千円。

鳥取県中部地震で被害を受けられた方への復旧復興支援制度のご案内

 鳥取県中部地震で被害に遭われ、事業に必要な施設設備が被害を受けた事業者の方を対象に、施設・設備の原状回復にご活用いただける補助制度です。

※鳥取県災害等緊急対策資金(5年間無利息・無保証料)、及び鳥取県中部地震復興支援利子補助金(5年間利子補給による無利息化)と併用いただけます。

○鳥取県版経営革新総合支援補助金<復旧・復興型>

 鳥取県中部地震で被害に遭われ、事業に必要な施設設備が被害を受けた事業者の方向けに、施設の原状回復に活用いただける補助制度です。

 申込期間:平成30年3月20日まで(随時募集)

※ただし、予算の状況によっては年度途中で受付を終了する場合があります。

問合せ・連絡先 倉吉商工会議所・中小企業相談所 0858-22-2191

最終更新日:2017年11月15日

倉吉商工会議所
〒682-0887 鳥取県倉吉市明治町1037-11 TEL 0858-22-2191 FAX 0858-22-2193 © 2017倉吉商工会議所 All Rights Reserved.